紫外線

 

地上に届く太陽光は、「可視光線」「赤外線」「紫外線」の3種類

3種類の中で「紫外線」は可視光線のように目に見えず、赤外線のような温かさも感じませんが
紫外線UV-A、UV-B共に肌へのダメージは大きく、1年を通じての紫外線曝露量は光老化の大きな原因とされています。

紫外線UV-A
UVAUV-AはUV-Bと比べると”日焼け”の様な顕著な肌への作用はみられませんが
より肌の奥深く真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンを変性(減少)させます。
そのダメージにより皮膚は弾力を失い、しみやしわ等の原因を作ります。また皮膚細胞を遺伝子レベルで傷つけることにより皮膚の免疫力低下や保湿機能をも低下させます。
波長の長いUV-Aは雲や窓ガラスも通り抜けることから、UV-Bと比較すると20〜30倍の量が日常的に注がれ光老化を引き起こす原因となります。

紫外線UV-B
UV-Bは肌の表皮にあるメラノサイトを活性化させ多量のメラニンを生成しそれらが酸化することで日焼け(サンタン)の原因を作ります。
波長が短いことから肌の真皮にまで直接は届きませんがそのエネルギーは極めて強く表皮細胞の遺伝子に傷をつけてしまう為にしみや皮膚ガンの原因とされています。
また肌の表面が傷つけられ乾燥することに加え、真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めてしわの原因を作ります。

アクアセリは無機材でありながら、紫外線UVA,UVB共に遮蔽する新世代UV原料です。

紫外線の反射率
紫外線反射率
屋外にいる人は、上空から地上に向かう紫外線(太陽からの直射光と大気で散乱された光をあわせたもの)を浴びるだけでなく、
地表面で反射された紫外線を1年を通して浴びています。

図は上空から地上に向かう紫外線の反射と強度を示しています。
■反射率の紫外線暴露(気象庁)

日常的に浴びる紫外線量には紫外線が地表面で反射される量も含まれます。
地表面での紫外線反射の割合は、地表面の状態で大きく異なります。
草地やアスファルトの反射率は10%程度ですが、砂浜では25%、新雪では80%に達すると言われています。
さらに、地表面で反射された紫外線の一部は上空に向かい、大気等で再び散乱されて地上に向かいます。

地表面の反射率が大きいところでは、反射率が小さいところより「散乱光」も強く、雪原の場合には、
上空からの紫外線量は、反射と散乱の効果により雪がないと仮定した場合と比較して4〜5割ほど増加します。
上空からの紫外線に対して帽子や日傘の利用は有効ですが、地表面から反射してくる紫外線対策も必要です。
紫外線反射率を考え総合的なUV対策をとることが大切です。

(参考)世界保健機構(WHO)

・2002年:紫外線=皮膚癌等の原因になるとし日光浴自粛を呼びかけ報告書を発表
・1999年:母子手帳から「日光浴」の言葉が消え、2003年環境省から「紫外線保健指導マニュアル」が公表。世界中の多くの研究者から紫外線の生態障害の報告がされている。
・1990年以前はUVB(SPF)の生体への影響に関する研究が多く見られたが、近年はUVA太陽光のスペクトルに近似したUVA+UVB暴露に関する研究が発表されている。
・UVAは単独でも皮膚障害の原因となり、UNBの作用を強めるという結果もある。

参考URL

紫外線環境保健マニュアル PDF
世界保健機構(WHO UV Home)

紫外線の功罪による身体への影響。

2013年1月にUVカット効果の国内最高水準値は「SPF50+・PA++++」に変わり、紫外線UVAを防ぐことへの重要性も以前より多く発信されるようになりました。

功の部分ではビタミンDを成合するが一方では皮膚がん、サンバーン、しみ、しわ、光アレルギーなどの肌の老化を引き起こす。
顔での皮膚老化の80%は光老化が原因とされ防御することで「光老化」を防ぐことが可能となる。
「光老化」を防ぐ方法としてはサンスクリーン、UV化粧品、サングラス、帽子、日傘、衣服、UVコーティングガラスなどで防ぐことがある。

アクアセリアの水性の特性を生かした化粧品は
簡単に洗い流せて使い心地も軽いことから肌に優しく大切なご家族皆さまに24h、一年を通して安心してご使用頂けます。

Copyright© applause co.,ltd All Rights Reserved.